なまこのワタ。

~ ぽよんと単純、なまこの日常 ~ 

「コンブにラッコ。」のラッコさん

我が家は、“コ”の付く名前の、ネコ、なまこ、ラッコという生き物で構成されています。この3つの“コ”を合わせて、便宜上、なまこ家と呼んでいます。

ネコは先日ご紹介した、ネコパラチャーハン!の皆さん、なまこは私、そしてラッコさん。ラッコさんとは誰ぞや?という訳で、今日はラッコさんについて書いてみたいと思います。

ラッコさんという生き物について

もちろん、本物のラッコのことではないですよ。なまこの仲良しであり、同居人であり、「コンブにラッコ。」のブログ主でもあります。

 

ところで、ラッコという名はどこから来たのでしょう。

それはですね、ある日、動画サイトを見ていたら、偶然、本物のラッコが出てたのですけど、これがもう本当に生態から何からそっくりで「じゃぁ、あなた今日からラッコね。」という私の軽々しい発言から、結局ペンネームとして採用され、今に至ります。

あっさりとその名前を受け入れたラッコさん、その名に恥じず、ラッコらしい生き方をされておられます。

「コンブにラッコ。」ブログについて 

ラッコ先生のブログ原稿は、紙に下書きされるのですが、その際、床にすっころがってお書きになられます。しかも、どういった訳か、利き手ではない左手でゴリゴリ書きます。近くには大抵ネコも、ぽてーんとすっころがっています。そして、ラッコさんの黄金の左手から綴られた珠玉のコトバたちは、あまりのヒエログリフっぷりに私には読めません。(字がヨロヨロでカタチが掴めず認識できない、まっ、要するに乱れすぎて本人にしか分からないという事です。)

あのナゾの紙から、「コンブにラッコ。」ブログができるのだから、本当に不思議です。

 

そして、ラッコさんの最大の特徴は、ラッコだけに、「浮きプロ」であるということに尽きるでしょう。何から浮いているか。それは、世間、世の中、社会などでしょう。

そんな浮きプロの目から見る世界は、もちろん私とは違っていて、とても面白い。シンプルな私の脳に、刺激と区画整理と、新たなモノノミカタを与えてくれます。

 

 

racco

 

ラッコさんのブログの中で「コトバアソビ」カテゴリーがあります。ここでは、詩のようでありながら、コトバあそびのような、テーマに沿ったうたが書かれています。ラッコさんのこの謳うシリーズは、なんだか風景や音が感じられて、私は好きです。

 

先日、私がアドリブで「海水浴を謳う」に勝手に曲を付けて、ソラで歌ってみたのですが、「そ、そんな曲なのですか??」とツッコミを受けました。コトバのニュアンスを私がキャッチすると、どうも滑稽な感じになるらしい。でも、感じ方は人それぞれだから、まぁ、いっか。

 

それから、本日の一品というコーナーがあるのですが、これはラッコさんが良いと思ったお品が紹介されています。そのお品の下に書いてある、ラッコさんのコメントもじわっと面白いですよ。

 

皆さんも、ぜひ「コンブにラッコ。」ブログを訪れて見て下さいね!

 

関連サイト

ラッコさんのブログ→「コンブにラッコ。

www.racco.blue

 

ネコ動画→「ネコパラチャーハン! - YouTube

www.youtube.com

 

ネコ写真→「ネコパラチャーハン! - Instagram

www.instagram.com

 

つぶやき→「なまことラッコ - Twitter

twitter.com