なまこのワタ。

~ ぽよんと単純、なまこの日常 ~ 

ささくれ、ネコ。

みなさん、こんにちは、なまこです。

 

突然ですが、我が家には植物が極めて少ないです。玄関先にシンボルツリーとして、オリーブの木を置いていますが、その他はトイレにあるテーブル椰子だけです。

 

コブさんを保護するまでは、沢山あったのですよ、植物さん。

コーヒーの木、モンステラ、ジャカランダ、ミリオンバンブー、トックリラン、ヒポエステス、パキラ、ハーブ類…などなど。

ところが、ネコは葉っぱ類が大好きで、気づいたらガミガミしてしまう習性があるようで、ほんとに困りました。しないネコもいるようですけど。

植物たちはどこへ

まず、芽を出したての頃から、ラッコさんが可愛がっていた、コーヒーの木。豆(まめ)さんと名前まで付けて育てていたのですが、葉っぱはビシバシネコパンチ、幹の所はガジガジ噛んでしまい、ネコから隔離。

 

モンステラは、なんだかオシャレな感じがして、なまこの憧れで家に置いたのだけど、ネコがかじると口腔内の中毒症状が出る場合ある、ということで隔離。

それから、トックリランやミリオンバンブー、テーブル椰子などは、あのシャンシャンな葉っぱが、ネコにはたまらなく誘惑が強いので、隔離。

 

その他、隔離できる植物は、隔離部屋にどんどん送り込まれました。

部屋の一角に植物用の透明テントを張って、温室的な感じを作り、ネコが侵入できないようにしました。しかし植物にとっては、条件が良くなかった為か、1つまた1つと弱って数が減り、その上ふと気が付くと、クロ蟻が温室に行進し、鉢内に進入しているではありませんか!むむむむ、プチっ。なまこの脳内で例の現象が発生!

えーい、しゃらくせい!もう解散!解散!外とトイレに置けるだけにする!となり、最終的には、オリーブの木とテーブル椰子だけになってしまいました。

そうしてキミたちは 「ささくれ、ネコ。」になる

現在、家の中(トイレ)にいるのは、テーブル椰子さん。少しでも手入れをしようとすると、我が家のネコたちは黙っちゃいません。トイレのドアを閉めて、こっそり葉水をかけても「ニャー!」、水をあげても「ニャー!」、剪定でもしようものなら「ニャー!ニャー!ワー!ワー!」。そして、切り落とした葉付きの枝を見るや否や、「その枝を渡せ~!葉を食わせ~!噛ませ~!」と大合唱。

 

sasakure-neko

 

仕方がないので、ある程度気が済むまで食べてもらいます。本当に笹を食べるパンダのようですよ。ちなみに、テーブル椰子はネコが噛んでも影響がない植物の一つですが、加減を間違えて与えすぎると、すぐに吐いちゃうので、少したしなむ程度が良いのかもしれません。

 

その様子を、YouTube動画にアップしているので、ぜひご覧下さい。

 

youtu.be

 

ネコを家に迎えた事で生じた生活の変化は沢山あるけど、植物が家から消えた…というのは、その一つです。それに代えても、ネコたちと暮らせる幸せといったらないです。