なまこのワタ。

~ ぽよんと単純、なまこの日常 ~ 

工藤静香さんと共演するはずだった・・・

みなさんこんにちは、なまこです。

 

今日はパラレルパーラーカテゴリー、最初のトピックでございます。

物理世界ではない代表「夢」について少し書いてみたいと思います。

 

夢って何なのですか?

みなさんは、朝起きた時、夢って覚えていますか?私は夢を見ている覚えはあるけど、インパクトのある夢以外は、あまり覚えていません。

 

夢について私が一つ言えることは、肉体はそこに横たわっているけど、意識だけはどこかを自由に飛び回り、確かに何かを見て、確かに何かを認識しているということ。ちなみに私の夢はフルカラーで五感もあります。

 

肉体を置き去りにして、私は一体どこに行っているのでしょうか?ただ単に脳内で起きていることなのか、本当にどこかを旅しているのか、そんな次元旅行には、手荷物として肉体は持ち込めないのやら、夢の正体はさっぱり分かりません。

若かりし日に見た夢

私がまだ小学生の頃だったと思いますが、学校で流行っていたことがあります。

それは、枕の下に好きな人の写真を入れて眠ると、その人の夢が見られるというものでした。今の時代なら、スマホの画面をオンにして、枕の下に入れるのかしら。電磁派と充電切れが気になるところではあります。って、そんなことはしないですよね。

 

それで結構みんな楽しそうだったので、チビなまこもトライしてみることにしました。

 

当時興味があり、夢の中でぜひ共演してみたいと思ったのは、工藤静香さんでした。「MUGO・ん…色っぽい」や「嵐の素顔」「黄砂に吹かれて」が次々とヒットし、

 振り付けをマネして遊んでいたので、夢で会ってみたいと思ったのですよ。あらま、年代がバレちゃう(笑)

 

彼女のブロマイド(写真)を持っていたので、寝る前に枕の下にそっと置いてお祈りをしました。「どうか工藤静香さんの夢が見られますように」と。

 

otatidai

 

 確かに私は夢を見た。見たのだった。

 夢の中で私は、自分の部屋で寝ていた。するとベランダの方から声がする。むくりと起きて、フラフラと歩いて行き窓を開けると、そこには青空が広がっていた。やわらかな風も吹いている。なんと気持ちの良い気候なのだろう。

ん?誰かの手がみえる。何かプロペラが付いた手の平サイズのものを渡された。それから、とてもとても自然に、私はそれを自分の頭に優しく乗せた。

 

そうして、私は飛んだ。ふわりと空を飛んだのだった。

 

現実世界では絶対に起きないと思える事が、夢の中ではあたり前のことのように感じるから、本当に不思議。 

 

それから、 私は隣を見た。当たり前にそこにいたのは、ドラえもんの「しずかちゃん」だった。

 

しずかちゃんと目が合った。彼女は、笑顔だった。

私は自分の肉体を確かに感じていたが、しずかちゃんは、アニメーションだった。明らかにおかしいはずなのに、何の違和感も感じない。

 

私はしずかちゃんと言葉を交わすことなく、一緒に空をしばらく飛んだ。タケコプターは、プロペラ音がとても品良く快適だった。

本当に、本当に気分が良かった。

 

sizuka

 

空の旅を終え、地上に降りてくると同時に、意識がだんだんと肉体に戻ってきた。

目が覚めてきた。とてもぼんやりしている。

 

あ~、私、今夢を見たなぁ。とても良い夢だったなぁ。あんまりしゃべれなかったけど、可愛くて優しかったな~、しずかちゃん。

しずかちゃん。しずかちゃん?しずか、、??

あれれ、私、確か、工藤静香さんの写真を枕の下にいれて…。

ここで、小学生の私は、パチリとはっきり目が覚めました。

 

そして、「し、しずか違いじゃん!!どーなってんの??」と思わず口にしました。

 

しずか違いの夢は成功したのか、してないのか。

 思いがけず楽しい夢ではありましたが、この「夢」というビジョンは一体どうなっているのでしょうか。表面の意識で観たい!というようなものは、意図的には見られないのでしょうかね。

 

現実ではすっかり忘れている人や出来事が出てきたり、とっぴなことが映し出されるこの「夢」という現象。やっぱりよく分かりません。

このおまじない(?)が成功したのかどうかも、分からないままですが、気分が良かったのでまぁ、いっか(笑)

 

まだご紹介したい「夢」がいくつかありますので、またシェアさせて下さい。

読んで下さってどうもありがとうございます。

 

関連商品

久しぶりにドラえもん映画を観ました。3Dになるってどうなのかな~と思っていたのですが、これがまた質感といい、ストーリーといい、とても良かったです。いつか夢で立体的なしずかちゃんに会える日を楽しみにしています。

 

こちらの記事もどうぞ

www.racco.blue