なまこのワタ。

~ ぽよんと単純、なまこの日常 ~ 

冬の冷たい雨の日も、心は「雨に唄えば」で。

みなさんこんにちは、なまこです。

 

久しぶりに雨が降りました。そして、

車がメンテナンス中ゆえ、久々に徒歩で外出しました。

雨の中を歩いてみた

私が住んでいる所は、都会ではない…、いやむしろ、田舎という表現の方が正しい。どれほどのカントリー加減かというと、バスの本数で表すと分かりやすいかもしれません。バスは、1日に3、4本。「1時間」にではないですよ。もはや、バスは通っていないといっても過言ではない。しかも電車も通っておりません。

 

今回は代車の都合がつかず、暫く徒歩で過ごすことに。車の有り難さは分かっていたつもりでしたが、いざ車が無いと、本当に日頃の車の働きに感謝するばかりです。

 

さて、そんな車メンテナンスの折、冷たい雨が降る中、私は用事があって外出しなくてはなりませんでした。

 

映画「雨に唄えば」のように、 
I’m singin’ in the rain~♪
Just singin’ in the rain~♪

と唄いながら、陽気にタップでも踏みながら出かけられたらとも思うけど、現実は映画のようにはいかないもので(笑)

 

その日はとても寒かった

真冬の雨があんなにも冷たいとは。久しぶりに雨を体で感じました。傘にバチバチあたる雨音は心地よいけど、寒くてあまり情緒的になる余裕はなし。パーカーに、手に、カバンに、靴に冷たい水がかかる。

靴がメッシュ素材だったので、水たまりは全てよけて歩いた、、はずなのに、靴下の指側半分濡れてる~!冷たいよ~。

 

大雨が降っている中、傘を持っているのにあえて差さず、水たまりをザッバザッバと蹴りながら歓喜のダンスを踊る。大人ではあるけれど、映画「雨に唄えば」のように、いつでも全身で楽しめる子供心は持っていたいもの。ついついフォーカス点が、やれ車が無い、やれ雨が降ってる、やれ寒いなどと…。

 

こんなこっちゃいかーーん!です!喝だ、喝!

スキップぐらいできねばだ!(笑)

ameniutaeba

 

実際雨の中、唄って踊ってたら変ですけど、、どんな状況もフラットに捉えた上で、軽い気持ちでいられる人間でありたいと思った雨の日でありました。

 

とはいえ、早く車帰ってこないかな~、と心待ちにしている私であります(笑)

 

関連商品

久々にあの名場面を見てみたら、ジーン・ケリーさんがどしゃぶりの中、無邪気過ぎるほどの喜びの演技でタップを踏んでおられて、単純に素晴らしいな~と思いました。