なまこのワタ。

~ ぽよんと単純、なまこの日常 ~ 

ミツバチ、はちみつ、リップクリーム。

みなさんこんにちは、なまこです。

 

最近春めいてきて、菜の花が咲き始めました。菜の花が咲くということは、ミツバチさんたちが活発になる時期でもあります。

 

という訳で、今日のテーマは、ミツバチで決まり!

 

hacchi

 

なんだかミツバチが愛おしくなった

私は小さい頃、アシナガバチに刺された経験があり、ハチはとても苦手でした。

ところが先日、偶然ながら図書館でこちらの本を借りて読んだところ、苦手意識に変化があったのです。

この本は養蜂の詳しい説明書というよりは、人間の暮らしとミツバチにフォーカスしており、ミツバチの生態、蜜源、はちみつ、みつろう、ミード(はちみつのお酒)などについて、カラー写真やイラストを交え、とても読みやすく構成されています。

 

パラパラめくるだけでも、なんだか平和な気持ちになれるような、ミツバチに対してほっこりしてしまう、そんな本です。

 

私のようにハチが苦手な方でも、恐怖心なくミツバチを知ることができます。

 

効果もお値段も驚異の「マヌカハニー」

さて、ミツバチといえば、やはり、はちみつ。

 

数ヶ月前、扁桃腺炎で40度近く熱を出しました。その時、前々から気になっていたマヌカハニーの被験者になるチャンス到来!ってことで、効果のほどを自分の体で試してみました。

 

ここまで熱が出ると、私の場合、解熱剤を飲まないと眠れないほど辛いのですが、マヌカハニーを喉にゆっくり流し込んでみると、数時間で熱が37度代後半に。そして結論としては、解熱剤を一度飲まずにやり過ごしました。

 

やりますね、マヌカハニー。そして、お値段もやりますよ。我が家にとっては、大大奮発!「清水の舞台から飛び降りる」とはこのようなことを言うのかもかもしれない。ヒャーッ!

 

さて、そのお味はというと、通常のトロ~っとしたはちみつとは明らかに異なっており、褐色濃厚でねっとりとしています。それでいて口に含むとザラサラ~と溶ける、天然の生キャラメルのような感じでとても美味しいです。

 

はちみつを想うと、蜜をせっせと集めてくれたミツバチ達に対していつも「ありがたいな~」という気持ちになります。と同時に、ミツバチの体を通った液なのか、、とリアルに頭の中で想像して、複雑な気持ちにもなってみたりして(笑) ほほほ。

 

結局、この喉風邪的な症状、ラッコさんにも伝染したみたいで、しばらく二人して体調不良でした。やはり日頃からの体調管理をしっかりしなくちゃです。

 

その時のラッコさんの記事↓↓

www.racco.blue

  

BURT’S BEES(バーツビーズ)

みつばちについて書くことは色々あるのだけど、もう一つだけ愛用品をご紹介。

 

ハワイで挙式した友人のお土産で貰った「BURT’S BEES(バーツビーズ)」のリップクリーム。それがしっくりきたので幅を広げて使っています。香りも使い心地もとても気に入っています。

 

友人からのお土産はこちら↓↓

ラッコさんが調べたことによると、バーツビーズは、1980年代にアメリカで誕生した、ナチュラルパーソナルケア製品を展開する会社らしいです。ナチュラルと謳うだけあって、バーツビーズの製品は、平均99%天然成分で作られているそうな。すごいですね。

 

私が使っている製品を、写真と解説付きで、分かりやすく見やすく紹介してくれています。↓↓ 

www.racco.blue

 

まとめ

そもそも苦手だったはずのミツバチ。とても素敵な本に出会い、概念が変わりました。そしてよくよく考えてみると、はちみつにせよ、スキンケアにせよ、ものすごくお世話になっていることに驚き!甘くて美味しいイチゴの受粉だって、ミツバチのお力を借りしているらしいですしね。

 

ミツバチさん、いつもありがとう。