なまこのワタ。

~ ぽよんと単純、なまこの日常 ~ 

これって、ややもするとミニマリスト??~家電編~

みなさんこんにちは、なまこです。

 

ここ数年、断捨離・ミニマリズム・シンプルライフなどの、最小限のモノで豊かに暮らす提案をよく目にするようになりました。そういったブログや本などは、生活の参考になるエッセンスが沢山入っていて面白いです。

 

さて、我がなまこ家では「シンプルに、ミニマムに!」というわけではないのですが、引っ越しやネコとの暮らし、実家の片づけなどで、徐々にモノが減っていきました。

 

今日は、数年前から手放したモノついて書いてみようと思います。

 

引っ越しについてはラッコさんが詳しく書いています↓↓

www.racco.blue

 

それでは家電編から行きますよ~。

 

kaden

 

まずは薄型テレビ様!

まさかテレビが家からなくなる日が来るなんて、10年前には考えたこともなかったです。

 

そもそも今住んでいる地域が田舎で、電波状況が悪くまともに映らなかった為、あまり視聴はしていませんでした。その上、2011年の地デジ完全移行の際、その波に上手く乗れませんでした。

 

なので、その時にテレビ放送とはお別れ。

 

ただテレビ本体は、DVDを見るためだけに置いていましたが、ネット配信があまりに快適過ぎて、テレビもDVDレコーダーも数年前に手放しました。

 

テレビのない生活をしてみると、とても静かで思うよりも快適です。

どうしてもテレビがついていると見てしまうので、誘惑が少なくて良いです。

 

そして何より一区画スペースが空く上に、コード類がないのでスッキリ!掃除がしやすい!

 

続いては、炊飯器様!

これもちょうど地デジの波が来た2011年頃、炊飯器の調子が悪くなり、試しに土鍋でご飯を炊いてみたら、、単純に楽しかった!

 

確かに炊飯器は便利なのだけど、毎食お米を食べる生活をしていないので「食べたい時に炊く」のであれば、土鍋で十分。

 

土鍋を火にかける→暫くすると蓋の穴から蒸気がまっすぐに立ち上る→弱火にして耳を澄ませると、ごはんの香りと共にフツフツとした音が聞こえる→ある地点を越えると、音が静かになるので火を止める→15分ほど蒸らす→出来上がり。

 

この工程に心地よさを感じてしまい、かれこれ7年ぐらいは土鍋様でご飯を炊いております。よって炊飯器も手放したまま。 

 

我が家で使用している土鍋。柄が古風で気に入っています。白米を炊くにも、鍋物にも、甘酒づくりにも重宝しています。↓↓

 

止むを得ずのトースター様

とりわけ仕分け案件に入っていた訳ではないのです。

 

パンをこんがり焼いたり、お惣菜のコロッケや焼き鳥を温めるにもとても便利で使っていたのです。

 

が、しかし、いかんせん掃除がしにくいのです。トースターの谷底に落ちてゆくパンくずや、コロッケの衣、うっかり流れ落ちた焼き鳥のタレをどう掃除したら良いものか分からないのです。。

 

色々調べてはみたけれど「トースターをばらして丸洗い!」とか「お掃除らくちんポン!」などという商品は見つけられなかった。

 

なぜここまで掃除にこだわるのかというと、

 

それは、それは、、田舎だからです!

 

どんなに隙間を塞いでも、油断すると蟻たちの行進が始まってしまうのです(汗)

 

特にトースター様のパンくず現場には、蟻の皆さんがせっせと労働なさっていて。どうにか掃除しても、また使用すると、パラっとおちたパンくずに働き者たちが。。

 

うえぇぇい、もうっ!我慢ならぬ~!ってことで、半ばやけっぱちで手放すことに。

 

よって、現在我が家では、パンはフライパンでどうにか焼いて食しております。

  

もし叶うなら、トースターメーカー様、丸洗いができるモノか、もしくは、蟻の侵入を許さないほどのピシャっとしまるモノをお作り頂けませんでしょうか。

 

一家に一台?カラーコピー機 

数年前まで家で色々と印刷する必要があった為、ちょっと奮発して機能も値段も高いものを2台持っていました。 

 

1台は完全に使いすぎで旅立たれました。が、もう1台は使用頻度が低くなってからも、「プリンターが家にあると、いざという時すぐ印刷できて便利だから!」と置いていました。

 

ある時この「いざっていう時」が、年に1、2回くらいなものということに気が付きました。しかもその頻度だと、いざ使う時、インクが乾燥して使えない!

 

それならもうコンビニ印刷で事足りるのではないかと思い、試しに使ってみたら、なんとまぁ快適ではありませんか!

 

こうなると潔く手放します。

 

プリンター、大量の紙類、詰め替え用のインク、ケーブル、掃除用品などなど、年に1度使う為にこんなに持っていたのか!という気持ちになるほど沢山グッズがありました。

 

現在では、本当に必要な時にコンビニ様にお世話になっております。

 

なのでプリンターもありません。

 

洒落た壁掛け時計

以前、レトロでお洒落な時計を壁に掛けていましたが、台風が通り過ぎ清々しい青空になったある日のこと。あまりに気持ちが良いので、窓を開けていました。すると、ビューッ!っというや否や、ガシャガッシャーン!!

 

はい、壁にキッチリ固定していたはずの時計が、どうしたものか落下し、私の心と共に粉々に砕けました。気に入ったデザインだったのに(涙)

 

これは「時間に縛られることなかれ!」という神さまのお告げに違いないと勝手な解釈をしたまま、見える範囲に時計がない生活をしています。

 

とはいえ、出かける時などは時計が必要なので、少し前に腕時計を買いました。チプカシってやつです。軽くて防水、文字盤も見やすく、かなり使いやすいです。↓↓

 

 

たこ焼き器

年に1、2回の頻度のものと言えば、我が家では「たこ焼き器」がありました。私から仕分け案件にされ、たこ焼き好きのラッコさんが泣く泣く手放していました。ほとんど使ってないのに。たいそう未練があったらしいですけど、冷凍のたこ焼きをプレゼントしたら、何故か手放す気になったらしいです。美味しかったのでしょうね。

 

その他、ざっくりと

CDプレーヤー、ノートパソコン、ビデオデッキ、デジタルカメラ、リニアPCMレコーダーなど、メインのパソコンやスマートフォンでまかなえるものは、ほぼ手放しました。

 

まとめ

こうして見てみると、家電に関して言えば、引っ越しやネコとの暮らしで減らしたものは少ないですね。なんだか必然というか、やむを得ずというか、、何かに流れ流されております。

 

それでは次は、雑貨編を書いてみたいと思います。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。