なまこのワタ。

~ ぽよんと単純、なまこの日常 ~ 

これって、ややもするとミニマリスト??~台所編~

みなさんこんにちは、なまこです。

 

前回は雑貨をリンゴ箱にして「50箱」も手放したというお話でした↓↓

www.namako.blue

 

 そして前々回は、あれもこれも家電を手放したお話でした↓↓

www.namako.blue

 

今回は台所編を書いてみたいと思います。

 

おネコさまに片づけを促された

忘れもしません、数年前の8月8日18時頃、「止まれ」標識の下でコブさんを保護しました。その時からネコとの暮らしが始まりました。

www.namako.blue

 

それまで人間しか住んでいなかった家がガラリと変わりました。今思えば片づけを促されていたように思います。

 

スパイス類が視界から消えた

コブさんが来るまでは、台所にある調味料やスパイス類は使いやすさと洒落た感じが良くて、少し高さがある所に見えるように置いていました。

 

それが、それがですよ、我が家のネコのコブさん・モッツさんは「スマホサイズの物までは、高さがある場合、全て落とすべし」と決まっています。

 

なので台所にスパイス類を置こうものなら、カワイイ丸い手先でツイツイっとしながら、端から順にコロコロと落とします。教えれば何とかなるかと思いきや、全然聞いてくれない。。そして遂にはネコの頑固さに人間が根負けすることに(涙)

 

なので憧れだった「スパイスずらり」も夢と散りゆく運命。

 

それどころか、その他の小物類も次々と、おネコ様の「ツイツイすってんコロン」で片づけることに。。

 

そして台所の見える範囲の調味料はいなくなった。。

 

それらは扉が閉まる台所下に鎮座しておられます。

 

さてスパイス類といえば、こちらのカリス成城さんのスパイス類はとても美味しいです。とりわけ万能で何にでも使えるのが、一番左端の「シーズニングソルト ハーブミックス」

 

初めて食べた時は、こんなに美味しいハーブソルトがあったなんて!と個人的には驚きました。セロリを炒めてハーブソルトをかけて卵でとじる。うん、想像しただけで美味しいです。

 

その流れで三角コーナーのゴミ箱も撤去

おネコ様からの片づけ依頼は次々ときます。とにかく我が家のおネコ様は台所や浴室といった水場が大好きです。

 

となると、もちろん三角コーナーのあのゴミ箱、肉球ツイツイの標的ですし、食べてはいけないものを口にする危険性があるので、置いておけるはずもなく、あっさり撤去。。

 

余談ですが、ネコは解毒能力が低いため、口にしてはいけないものがたーくさんあります。一緒に暮らすからには、その辺は注意していますよ。

 

さて、強制撤去になった三角コーナーですが、なくなってみると、シンク内がスッキリしていいじゃないですか!広くなるし、衛生的だし、何より掃除しなくて良い(←ズボラ)。

 

撤去するまではゴミ箱があるのが当たり前だと思い込んでいたので、あまりの清々しさに驚きました。

 

ちなみに生ごみは料理の度に出るので、蓋つきのボックスに入れておいて毎日捨てます。

 

洗い桶もやっぱりダメですか?

次はお皿などの洗い物を入れる、洗い桶。水を溜めている時点で、完全アウトですね。おネコさまが間違いなく飲みにこられます。

 

ゆえに撤去。。

 

撤去した時はちょっとガッカリしたのですが、お皿は積み上げて上から水をかけながら作業するとすぐ終わるので、特に不便な感じはなかったです。そして何より洗い桶の掃除をしなくて良い(←ズボラ)。

 

ちなみに我が家のおネコ様たちは水場が大好き!水事情はコチラ↓↓

www.racco.blue

 

愛した器もツイツイコロリでさようなら

どういう訳か、コブさんは人間が気に入っている、、いや、もはや執着といっていいモノは、その繊細な感覚で嗅ぎつけるようです。

 

私が7歳の頃から何十年も大切に使っていた、スヌーピーのお気に入りのマグカップをまさかのツイツイコロリ、パリン!

 

取っ手が、お見事!というくらい綺麗に外れました。

 

これは本当にガッカリしました。でもそれって「私のモノだったのに!」という執着みたいなものだったなぁと、暫くしてから気が付きました。

 

そしてもうひとつ、福岡県の小石原焼きでお気に入りの窯元がありました。特に気に入っていたのはお茶碗。見る度、使う度に、素晴らしい素晴らしいと愛でていたのですが、スヌーピーカップのほとぼりが冷めた頃、またしてもコブさん。

 

 ツイツイコロリ、パリン。。

 

 ガーン。。

 

daidokoro

 

 

これも相当に落ち込みましたが、この一番のお気に入りを手放しさせられたことで、もはやどーでも良くなったことは、私にとっては幸運だったかもしれません。

 

お陰さまで今や、高かろうが100均だろうが、食器は食事をするものなのだからという視点に立てるようになりました。

 

辛かったけども、ありがとうコブさん。

 

台所じゃないけど、カレンダーについて

最後にもう一つだけ、我が家にはカレンダーがありません。というか、これもコブさんに外されました。

 

シンプルで見やすいカレンダーを貼っていたのですが、コブさんが何かしているな~とは知っていたのですが、10月22日の「22」の部分だけを上手にちぎってポイっとしました。

 

おネコ様に「22(にゃんにゃん)」をちぎられては、カレンダーを外せというメッセージに違いないと思い、カレンダーも撤去。穴開いているし。

 

時計の時と同じく、「日付にも縛られることなかれ」というお達しが神様から来たと思って、カレンダーも貼っていない生活をしています。

 

3部作でお届けしました。 

「これって、ややもするとミニマリスト??」家電編、雑貨編、台所編と書いてきました。

 

引っ越しする時のために荷物を減らし始めたことと、おネコ様を我が家に迎えたことによって、家がものすごーく片付きました。沢山の物を手放すと、どういう訳か、とっても気持ちまで軽くなります。

 

今では何か増やす時は「本当に必要なものかどうか」を自分の胸に訊いてから行動するようになり、そして1か月に1回は家中をスキャンして、不要品はないかの確認をする習慣まで付きました。

 

今後も同居人のラッコさん、ネコたちと、家も心も風通しを良くしてスッキリ生活できたらと思っています。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。