なまこのワタ。

~ ぽよんと単純、なまこの日常 ~ 

古くなった緑茶で、家中がお茶屋さんの香り!

みなさんこんにちは、なまこです。

 

今日は、古くなった緑茶を美味しく飲む方法について書いてみたいと思います。

 

10分で、家中がお茶屋さんに早変わり。

緑茶って古くなると、いつも通り淹れても、黄色っぽくなり味が落ちてしまいます。そんな茶葉を美味しく蘇らせる方法があります。

 

ただフライパンで炒る!それだけです。

 

古くなった緑茶をフライパンに入れ、弱火でフリフリ振ります。10分ぐらいすると、ほんのり茶色になってきます。後は冷ませば「ほうじ茶」の出来上がり!

 

簡単すぎるほど簡単ですが、この10分で立ちあがった香りは瞬く間に部屋中に広がり、本当にお茶屋さんに来たかのように香ばしく、思わず深呼吸したくなるほどです。

 

ただ焦げるほど炒ってしまうと苦くなるので、茶葉の様子を見ながら、薄茶色かな、ぐらいで私は火を止めます。

 

houjitya

 

 

ほうじ茶は緑茶とは違い、熱湯で美味しく淹れられるのもお手軽で良いです。

 

もし緑茶が古くなって、ちょっぴり味が落ちたな~っていう時は、ぜひお試しください。

 

関連商品

この三年番茶、茶葉を熟成させた後じっくり焙煎しているからか独特のうま味があります。何の気なしに買って飲んでみたら美味しくて驚きました。ほうじ茶と紅茶とウーロン茶を足して割ったようなお味。カフェインもほとんど含んでいないので、寝る前でもゴクゴク飲めます。

 

関連記事

ラッコさんによる緑茶を入れる記事。とても怠惰な淹れ方です(笑)↓↓

www.racco.blue

 

簡単ガリの作り方もどうぞ↓↓

www.namako.blue